• PICK UP

    MY FAVOURITE THINGS Vol.1

    2021.09.30

    京都店スタッフの 田畑健さんが紹介する「SEVEN BY SEVEN」のデニムジャケット 京都店スタッフの田畑健さんが紹介する
    「SEVEN BY SEVEN」のデニムジャケット

    MY FAVOURITE THINGS

    スタッフの私的愛用品

    THE LIBRARYのスタッフが大切している
    ファッションの思い出。
    人生の節目で出合った服や小物と、それにまつわるエピソードを綴ります。

    「SEVEN BY SEVEN」の
    デニムジャケット
    ———— 京都店スタッフ 田畑健さん

    デニムジャケットが
    おしゃれを教えてくれた

    僕が初めて袖を通したデニムジャケットは、1980年代、高校時代に京都の古着屋で購入したLevi’sでした。当時、大好きだったイギリスのミュージシャンに憧れて、学校の制服以外では常にそれを着ていました。アメリカ製のスウェットやTシャツ、時にはボタンダウンシャツとコーディネートしたり、高校生なりのチャレンジを楽しみ、毎日デニムジャケットを眺めては、自分に合う着こなしをあれこれ考えていたものです。

    僕に洋服との出合い、おしゃれの楽しさを教えてくれたのが、デニムジャケットでした。

    それから90年代 2000年代…時代時代のファッションに触れ、コーディネートを楽しみながらも、その度にデニムジャケットを選んできました。

    そして現在、僕は「SEVEN BY SEVEN」のサードタイプを着ています。初めて見たとき、新しさと同時に懐かしさを覚え、久しぶりに着たい、そう思えるものに再び出合えました。上品で都会的な雰囲気、秀逸なシルエット、サイズもフィーリングも今の自分にフィットする一着。

    ドレスシャツやレザーシューズを合わせたり、寒い時期にはツイードジャケットやモッズコートにインしたり。時には強さを、時にはきっちり感を、時にはリラックス感を、もちろんおしゃれも楽しませてくれる、クローゼットに欠かせない存在です。

    デニムジャケットを着始めて、かなりの歳月を経て、自分で言うのもなんですが、年を重ねるほどに着こなせるようになってきました。洋服は、着続けることで、次第に似合ってくるものなのかもしれない。今は叶いませんが、お気に入りのバーに行き、好きな音楽を聴く。その時はこのジャケットが定番。

    この先も長い付き合いになるだろう「SEVEN BY SEVEN」のデニムジャケットとともに、お互いにいい年の重ね方ができればいいなと思います。

     

     

    READ MORE