at THE LIBRARY

14 Mar.

at THE LIBRARY

#6 ほぼ日のweeksdays 伊藤まさこ × THE LIBRARY

weeksdays(ウィークスデイズ)は、スタイリストの伊藤まさこさんと「ほぼ日」が
一緒に作るネット限定のお店です。

新色 アイボリー、ネイビー

2018年春夏、伊藤まさこさんとTHE LIBRARYで始めて作ったボートネックのプルオーバーとワンピースはあっという間に完売してしまいました。

2019春夏、新色を新たに加えて作ることになりました。
誰でも、どんな時でも、何と合わせても、誰でも似合っちゃうボートネックのプルオーバーとワンピースの秘密についてご紹介したいと思います。

− 鮮やかな色

いつも素敵な色の服を着ている伊藤まさこさん。
独自の色彩感覚にセンスを感じます。

2018春夏に好評だった鮮やかなトマト、合わせやすいグレーはそのままに、2019春夏の新色はアイボリーとマリン。春らしいアイボリーは、明るい印象でカジュアルにも綺麗目にも見えます。マリンは2018春夏よりも明るいネイビーにアレンジしました。

生地表裏

− 生地

2018年、生地の検討をした時に「せっかくだから良いものを。」と、作ったオリジナルの生地。

表は光沢のある太い糸、裏はマットな細い糸で編まれた二重組織の特殊な編み機で編まれています。カットソーなのにハリ感があるので、カジュアルすぎず綺麗に見えるのがポイント。

− シルエット

ゆったりとしたシルエットとは張り感のある生地は体型をひろわないし、選ばない。そのうえ、ドロップショルダーのパターンが、怒り肩でも、なで肩でも、厚みのある肩でもハマるのが誰にでも似合うポイントです。

− ボートネック

伊藤さんこだわりのステッチが見えない仕様で、見返しは布帛の生地を使用することでネック周りがすっきり華奢に見えるライン。

− 袖丈

手首が華奢に見えるほど良い丈感。腕時計やブレスレットをつけたときにもちょうど良いバランス感。プルオーバーは、着丈と袖丈を合わせた黄金比です。

− ワンピース

膝が見えない丈に、ほんの少し後ろの裾が長くなっています。
しゃがんだ時に後ろ姿が安心な、着る人のことを考えた設計です

ドロップショルダー

シンプルだけど誰でも似合って、どこでも着ていける、
カジュアルも綺麗めのコーディネートもいけるのに
いかにも便利アイテムな感じじゃないのが、本当の大人の便利アイテム。

さぁ、次回は、また違うアイテムを製作中です。
楽しみにしていてくださいね!

前回のNEWSはこちら

伊藤まさこ
スタイリスト。料理や雑貨など「暮らし」をベースにしたスタイリングを手がけています。「ほぼ日」では2011年から「やさしいタオル」のスタイリングを担当しているほか、タオルケットや服、アクセサリー、カバンなどのプロデュースを行ってきました。
著作に『おいしいってなんだろ?』(幻冬舎)、『おいしい時間をあの人と』(朝日出版社)、『おべんと探訪記』(マガジンハウス)『本日晴天 お片づけ』(筑摩書房)『美術館へ行こう―ときどきおやつ―』(新潮社)など、多数。


各店鋪・オンラインストアにてお取り扱いございます。

アイテムはこちら
SHOPはこちら
weeksdaysはこちら

OTHER LATEST NEWS